ダイバー

Cカード(ライセンス)を取得するには?

ダイバー2人

スキューバダイビングをするには、Cカード(ライセンス)が必要です。ダイビングのCカードを発行している民間の指導団体は何種類かありますが、ここではアメリカに本部を置く「PADI」のCカード取得についてご紹介しましょう。PADIの発行するCカードには数種類あり、取得するCカードの種類によって潜水条件が異なります。
まず初めに取得するのはオープンウォーターダイバー(OWD)のCカードです。このCカードを取得すれば、水深18mまで潜水することができます。全国に点在するダイビングショップではCカード取得コースを設けているところがほとんどなので、インターネットや雑誌などで調べてみましょう。ショップによって料金は異なりますが、5万円前後が相場です。
講習では、筆記試験と実習を行います。ダイビングに関する基礎知識をまとめた動画とテキストを使用し、ダイビングについて学びます。その後筆記試験を受けます。実習は、限定水域(プールなど)と呼ばれる安全な場所で器材のセッティングと使用方法、ハンドシグナル、緊急時の対処方法などをしっかりと学んだ後、
実際に海に潜ります。全部で4本潜り、その中で必要スキル(マスクに水を浸水させ、うまく対処できるかなど)を身につけられているかチェックをします。この筆記試験と実習の両方をクリアすれば、あなたも晴れてダイバーの仲間入りです!! ※Cカードは後日宅配便等で届きます。

ダイビングする前にライセンスを準備

ダイビングする前に準備しておきたいのがライセンスです。体験ダイビングであれば不要ですが、ファンダイビングを楽しみたい時は必要です。本格的にダイビングを始めるのなら一度取得したほうが良いです。Cカードと言うライセンスであれば比較的簡単に取得する事が可能です。Cカード取得するにはまずは学科講習を受ける事から始めます。最後に簡単なテストが行われますので、きちんと頭に入れて下さい。最近ではオ…

More Details

Pick up

TOP