ダイバー

日本でダイビングをするなら

海に入るダイバー

沖縄などが日本では有名ですが、私はあえて穴場として北海道ダイビングを推奨します。まずは支笏湖ダイビング。あまり世間的には有名ではありませんが、北海道民のダイバーには比較的有名で、透明度も高く、深さもそこそこあるため湖ダイビングは海と違った楽しみを享受できます。
たとえば、魚。海にいる魚とは違い、ヤマメ・イワナやウグイなどが中心ですが、幾分流れのある水中の中で川の魚の悠々とした動きを見るのは何とも言えません。支笏湖近辺にはダイビングショップがあるので、通常とは違ったダイビングをし、別の海底景色を楽しむには非常にお勧めします。もうひとつが積丹でのダイビング。積丹は後志地区にあり日本海に面しており積丹ブルーという表現があるように、北海道にしては海がビックリするほど綺麗で透明度も抜群です。
もちろん、熱帯に生息するような魚はおらず、海底はウニがいたり稀にアワビを見ることができたり、予想通りのヒトデがいる海で、魚自体もソイなどの典型的な北海道の魚ではありますが、透明度に魅了されます。沖縄は別格として本州でのダイビングでは決して味わうことのできない透明度と透き通り澄み渡る感覚を味わうことが出来るので、お勧めです。両方とも新千歳空港から車で1~2時間の距離にあり、ある程度の宿泊施設も近隣に整っております。

ダイビングする前にライセンスを準備

ダイビングする前に準備しておきたいのがライセンスです。体験ダイビングであれば不要ですが、ファンダイビングを楽しみたい時は必要です。本格的にダイビングを始めるのなら一度取得したほうが良いです。Cカードと言うライセンスであれば比較的簡単に取得する事が可能です。Cカード取得するにはまずは学科講習を受ける事から始めます。最後に簡単なテストが行われますので、きちんと頭に入れて下さい。最近ではオ…

More Details

Pick up

TOP