ダイバー

沖縄のダイビングの名所!青の洞窟!

いろんな魚

🌸沖縄で青の洞窟ダイビングをしませんか?
青の洞窟はダイビングをするには最適な場所です。毎年多くの沖縄観光客の方が青の洞窟でダイビングを楽しんでいます。今年の旅行は沖縄にして、青の洞窟でのダイビングをあなたも満喫してみてはいかがでしょうか。きっと今年の最高の思い出をつくりあげることができると思います。


一過性のブームにとどまらず、今や国内旅行の定番となった沖縄旅行。沖縄旅行で海でのレジャーは欠かせません。その中でも沖縄にある青の洞窟のダイビングがおすすめです。沖縄にはダイビングの名所がたくさんありますが、中でも一度は体験していただきたいのが「青の洞窟」というスポットです。
青の洞窟はその珍しい構造により日光が海水を通過して全体が青く照らされた神秘的な洞窟で、国内で数ヶ所でしか味わえない貴重な風景を堪能できます。青の洞窟は沖縄本島の真ん中あたりにある、国頭郡恩納村の真栄田という地域の、真栄田岬に存在します。ここは一時間に数本と、路線バスではかなり交通の便が悪いので、少々値は張りますが、レンタカーやタクシーを利用する事をお勧めします。個人で行くことも可能ですが、最初は沖縄の青の洞窟の体験があるダイビングショップマリントリップなどのお店のプランを利用する方が無難です。
青の「洞窟」というだけあって道のりが険しく、ボンベやスーツ、フィンや水中メガネなど、ダイビング装備一式揃えるとかなり重いので、それを持って現地まで向かうと到着する頃にはとても楽しむ余裕はありません。また、シャワーや食事、飲み物にも個人では手間取りますので注意が必要です。予算としては、一人当たり交通費が3000円~20000円、ダイビングショップのプラン料金が10000円~15000円と想定して下さい。ただ、交通費とプラン料金あわせて15000円を切ると楽しむ余裕は無くなると思います。

お気に入りのダイビングスポットを沖縄で探そう

全国にはたくさんのダイビングスポットがあります。北は北海道の知床半島~沖縄の与那国島など、日本近海はバリエーションにとんだ豊かな海が魅力の一つです。なかでも沖縄は世界からも一目を集めるダイビングスポットが数多く点在しています。沖縄本島であれば、何といっても「青の洞窟」が定番スポットです。太陽の光が差し込み青の洞窟全体が青色に輝き、とても幻想的です。水深が浅くビギナーのケーブダイビングのデビュースポットとしても青の洞窟はおすすめです。
離島も魅力いっぱいです。大物狙いなら石垣島の「川平石崎マンタスクランブル」です。ここは秋頃に高確率でマンタに会えるスポットとして世界的にも有名です。マンタにとって寄生虫等を追い払うクリーニングステーションになっているそうで、運が良ければ複数の個体を同時観察することも可能です。地形狙いなら宮古島に行きましょう。下地島・伊良部島周辺はアーチやケーブ、オーバーハングなどさまざまな地形を楽しめます。また、宮古北側・南側には枝サンゴが広がり色とりどりのスズメダイ、ハナダイなども見られます。
来間島周辺は5mほどの浅い水深にアマモがびっしりと生えており、クマノミがいるイソギンチャクの近くに手をじっと置いておくと、エビがクリーニングに来てくれます。マクロ好きにはたまりません!沖縄の離島の中でも、石垣島・宮古島は結構栄えているのでアフターダイブもお腹いっぱいに楽しめますよ。

沖縄の青の洞窟で体験ダイビングをしよう

沖縄には美しいダイビングスポットがたくさんあります。美しいサンゴと魚たち、そして透明度の高い海に神秘と癒しを求めて、多くのダイバー達が集まります。沖縄でダイビングを楽しむなら、ビーチダイビングやボートダイビングなど色々な方法がありますが、個人的には青の洞窟でのボートダイビングがおすすめです。
事前に地元のダイビングスクールなどでライセンスを取っておけば、ダイビングポイントやエントリー方法などを自由に組めるコースなどもありますが、一度もダイビングを経験したことのない方でも体験コースとして気軽にダイビングを楽しめるお店は多いです。
ウェットスーツやダイビング機材は貸し出してもらえるので、手ぶらで行っても問題はありません。ただし、バスタオルや水中カメラ、SDカードにビーチサンダル、何より着替えは自分で用意しておかなければなりません。特にバスタオルなどは必ずしも貸し出しがあるとは限らないからです。そして、なるべくお店に向かう前から水着を着ておきましょう。
料金は、体験コースなら一万円前後のお店が多いです。ただし、必ずお店に確認して事前に予約を取っておきましょう。飛び込みで行っても受け付けてもらえないことがほとんどです。自然と一体化する神秘のアクティビティであるダイビング、沖縄で青の洞窟ぜひ一度体験してみて下さい。

ダイビングする前にライセンスを準備

ダイビングする前に準備しておきたいのがライセンスです。体験ダイビングであれば不要ですが、ファンダイビングを楽しみたい時は必要です。本格的にダイビングを始めるのなら一度取得したほうが良いです。Cカードと言うライセンスであれば比較的簡単に取得する事が可能です。Cカード取得するにはまずは学科講習を受ける事から始めます。最後に簡単なテストが行われますので、きちんと頭に入れて下さい。最近ではオ…

More Details

Pick up

TOP